就職で大事なのは自分の強みを明確にすること

差し当たって、就業のための活動をしている会社自体が、元より第一希望の企業でないために、志望の理由というものがよく分からない心痛を抱える人が、今の季節には多いのです。

さしあたり外資系企業で労働していた人の大勢は、現状のまま外資のキャリアを踏襲する色合いが強いです。最終的に外資から日本企業に就業する人は、極めて稀だということです。

転職というような、いわば奥の手を何度も出してきた履歴がある人は、つい転職した回数も膨らみ続けるようです。従って、一つの会社の勤務年数が非常に短いということがよくあるということです。

自分の言いたい事について、上手な表現で相手に言えなくて、今までに沢山恥ずかしい思いをしてきました。今後だけでもいわゆる自己分析に時間を割くのは、今はもう後の祭りでしょうか。

最新の就職内定率が過去最も低い率とのことであるが、そんな年でも採用の返事を受け取っているという人が現にたくさんいる。採用してもらえる人と採用されない人の決定的な違いはどこなのだろうか。

就職の選考試験の時に、応募者によるグループディスカッション(数人で特定のテーマについて討論してもらう)をやっているところが増加中。人事担当者は面接だけでは見られない本質の部分を観察するのがゴールなのでしょう。

本質的に営利組織は、中途で雇用した社員の育成に向けてかける時間や手間賃は、極力抑えたいともくろんでいるので、自主的に好結果を出すことが望まれているのでしょう。

いわゆるハローワークでは、様々な雇用情報や経営に繋がる仕組みなどの情報があり、この頃では、いよいよ求職データそのものの処理もレベルアップしてきたように見取れます。
例えば事務とは無関係な運送業の会社の面接試験では、難関の簿記の1級の資格所持者であることをアピールしても評価の対象にならない。逆に事務の仕事のときには、高いパフォーマンスの持ち主として期待されるのだ。

「率直に内心を言ってしまうと、転業を決めた最大の要素は給料にあります。」こんなエピソードも耳に入ります。とある外資系企業のセールス担当の30代男性社員の実話です。

面接のときには、どうしても転職理由を聞いてきます。「なぜ退職したのか?」は、どんな会社も非常に興味のある事項です。それがあるので、転職理由を熟慮しておくことが重要です。

面接というようなものには「数学」とは違って間違いの無い答えはありませんから、どの部分が気に入られてどの部分が気に入られなかったのか、という判定の基準は会社が違えば変わり、もっと言えば面接官によって異なるのが本当のところなのです。

今頃就業のための活動や転職の活動をしている、20~30才の世代の親の立場から見ると、地道な公務員や評判の高い一流企業に入社できるならば、最善の結果だと思うものなのです。

威圧的な圧迫面接で、いじわるな質疑をされたとしたら、ともすると気分を害する人がいます。そうしたい気持ちは分かりますけれども、気持ちを抑えておくようにするのは、常識ある社会人としての最低限の常識です。

内々定という意味は、新規卒業者(予定者)に行う採用選考における企業と企業の倫理憲章に、正式に内定する日は、いくら早くても、10月1日以降とするというふうに決められているので、まずは内々定というかたちをとっているものなのだ。

まとめると、就職で大事なのは自分の強みを明確にすることですので、まずは強みを見つけることからスタートするべきです。

自分の強み診断@無料でできる強み診断!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です